見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・15日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から8日
    ┗「冬至」まで7日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地方分類と郷土料理1





地方の分類と特徴・各州の主な郷土料理

イタリア料理は各州の料理の集合体といわれる。州によって個性の強弱はあるが、南北に大別するなら、北部はバターチーズなどの酪農品やキノコ類が豊富。パスタだけでなくリゾットなど米料理も食べる。冬の寒さが厳しい地域では身体が温まる煮込み料理やスープ類も多い。全般に肉料理が中心だが、ヴェネツィアやジェノヴァなどの沿岸部では魚介類も好まれている。バターを料理に多用する北部に対して、南部ではオリーブオイルトマトベースにした料理が多い。新鮮な海の幸のほか野菜や果物の収穫も多く、ヘルシーな料理が目立つ。国境近くでは隣国の影響もみられる。

ピエモンテ州】
酪農と畜産が盛んで、食材はバターチーズなどの乳製品、肉や野菜などが中心。世界三大珍味・トリュフの名産地でもある。主な料理は「バーニャカウダ」(P40)、「ブラザート」(P113)、ジビエ(狩猟による野生の獲物、P179~P181)、香り高いトリュフ(P192)でアクセントをつけた料理など。米の産地なのでリゾットもよく登場する。食にはグリッシーニ(P89)がよく添えられる。お菓子の種類も豊富だ。トリノはチョコレート工房が数多く、ヘーゼルナッツは名産。プリンデザートの「ボネ」(P117)は代表的な食後のデザートだ。

【ヴァッレ・ダオスタ州】
フランススイスに国境を接するイタリア最北西部の州。グロッラとよばれる木製の器で飲むアオスタ風コーヒーエスプレッソレモンの皮やグラッパ、砂糖などを入れたもの)は名物。


【出典】 東京書籍(著:岸 朝子)
イタリアン手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8541004
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. イタリアン手帳>イタリア料理の基礎知識>    >    地方分類と郷土料理1

A D

イタリアン手帳について
イタリア料理の基礎知識はもちろん、カプレーゼ・ミネストローネ・ボロネーゼ・漁師風リゾット・マルゲリータなどの料理名や、アンチョビ・ゴルゴンゾーラ・バジル・トリュフなどの食材、ワインやミネラルウォーターの銘柄まで収録。イタリア料理の名前や作り方、よく使われる素材のこと、また楽しい食卓に欠かせないワインの産地や種類についてわかりやすく解説しています
この言葉が収録されている辞典

 イタリアン手帳


  • 【辞書・辞典名】イタリアン手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】978-4487804054










この書籍の関連アプリ

 アプリ


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
App store


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
Google Play