見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イタリア料理の構成の基本



イタリア料理の構成の基本

【アペリティーヴォ APERITIVO】
食前酒のことを指す。アマーロ(P141)、カンパリ(P139)、スプマンテ(発砲ワイン、P139)などが一般的。

【アンティパスト ANTIPASTO】
前菜のこと。生ハムや魚介のマリネなど冷たい料理であることが多い。選ぶのに迷ったら一皿に複数の前菜が盛られたアンティパスト・ミストがおすすめ。

【プリモ・ピアット PRIMO PIATTO】
第一の皿。パスタを中心に、リゾットスープ料理などから一皿を選ぶ。

セコンド・ピアット SECONDO PIATTO】
第二の皿。メインディッシュ。肉または魚料理のどちらかを選ぶのが一般的。

コントルノ CONTORNO】
副菜のこと。コース料理のメインとなる肉または魚料理の皿に添えるサラダや温野菜のことを指す。

ドルチェ DOLCE】
デザートのこと。ティラミス(P122)やパンナコッタ(P123)、ジェラート(P124)などイタリアらしいスイーツのほか、果物も含まれる。

【カッフェ CAFFÈ】
食事の最後はエスプレッソ(P132)で締めくくるのが一般的。ミルクの入ったカフェ・ラッテ(P132)やカプチーノ(P133)は飲まない。

【ディジェスティーヴォ DIGESTIVO】
食後酒。グラッパ(P140)やリモンチェッロ(P142)など。


【出典】 東京書籍(著:岸 朝子)
イタリアン手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8541003
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. イタリアン手帳>イタリア料理の基礎知識>    >    イタリア料理の構成の基本

A D

イタリアン手帳について
イタリア料理の基礎知識はもちろん、カプレーゼ・ミネストローネ・ボロネーゼ・漁師風リゾット・マルゲリータなどの料理名や、アンチョビ・ゴルゴンゾーラ・バジル・トリュフなどの食材、ワインやミネラルウォーターの銘柄まで収録。イタリア料理の名前や作り方、よく使われる素材のこと、また楽しい食卓に欠かせないワインの産地や種類についてわかりやすく解説しています
この言葉が収録されている辞典

 イタリアン手帳


  • 【辞書・辞典名】イタリアン手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】978-4487804054










この書籍の関連アプリ

 アプリ


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
App store


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
Google Play

関連辞典
イタリアン手帳 イタリアン手帳 イタリアン手帳