見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・18日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から11日
    ┗「冬至」まで4日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 イタリア料理店の種類2



『店の種類の名称あれこれ』
日本の飲食店に、うどん屋やおでん屋、角打うち(立ち飲み屋)などがあるように、イタリア料理の店の呼び名もいろいろある。よく見かけるのは、次のようなものだ。

スパゲッテリア Spaghetteria:スパゲッティ
エノテーカ(エノテカ)Enoteca:酒屋、ワイン
バーカロ(バカロ)Bacaro:気さく居酒屋ヴェネト地方)
ベットラBettola:居酒屋

『店名でよく見かける名称と意味』
クチーナ(クッチーナ)Cucina:料理、台所
カーサCasa:家
ヴィーノVino:ワイン
ヴィノテカVinoteca:ヴィーノVino +エノテーカEnoteca

『席料コペルトCperto について』
正統派のイタリア料理店では、席料コペルトCopertoが課せられることが多い。これに含まれるものは主に、テーブルパンやストゥッツィキーノ(おつまみ)、クロスクリーニング代など。金額は店によって異なるが、500 ~1000円くらい。日本でいうお通し代といったところだ。ディナーコースではコペルトを含んだ料金を提示する店も多い。


【出典】 東京書籍(著:岸 朝子)
イタリアン手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8541002
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. イタリアン手帳>イタリア料理の基礎知識>    >    イタリア料理店の種類2

A D

イタリアン手帳について
イタリア料理の基礎知識はもちろん、カプレーゼ・ミネストローネ・ボロネーゼ・漁師風リゾット・マルゲリータなどの料理名や、アンチョビ・ゴルゴンゾーラ・バジル・トリュフなどの食材、ワインやミネラルウォーターの銘柄まで収録。イタリア料理の名前や作り方、よく使われる素材のこと、また楽しい食卓に欠かせないワインの産地や種類についてわかりやすく解説しています
この言葉が収録されている辞典

 イタリアン手帳


  • 【辞書・辞典名】イタリアン手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】978-4487804054










この書籍の関連アプリ

 アプリ


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
App store


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
Google Play

関連辞典
イタリアン手帳 イタリアン手帳 イタリアン手帳