見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・7月(文月/July)
    ・20日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から13日
    ┗「大暑」まで3日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

冬至

  冬至

     二十四気の一つ。一年中で太陽がもっとも南に片寄り、北半球では昼がもっとも短い日。十二月二十二日ごろ。{対}夏至(げし) ↓「冬」の{詞藻}・・・

  冬至の日の太陽の南中高度

     【動画】38秒冬至の日の地軸の傾きの方向と,北緯35度における太陽の南中高度との関係・・・

  冬至

     一年のうち、太陽が天球の最も南に位置する日が、毎年一二月二二日頃にめぐってくる。冬至である。日本のように北半球にある国では、この日の昼の長さが一年中でいちばん短い。いよいよ冬本番というこの日に、かぼちゃを食べると体にいいと言われているが、何か根拠はあるのだろうか?冬至にかぼちゃを・・・

  冬至[12/22]

     毎年12月22日(※年によっては12月21日の時も)に一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これが二十四節気の一つ「冬至」です。太陽の昇る高さが低く、影が一番長くなる日でもあります。冬至には無病息災を祈り、カボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりと様々な風習があります。・・・


list2