見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・18日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から11日
    ┗「冬至」まで4日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地方分類と郷土料理4





【マルケ州】
キノコ類、ハーブ、ジビエ(狩猟による野生の獲物、P179 ~P181)、アドリア海の魚介など、自然の中から集めた食材をいかした料理が多い。腹にハーブニンニクなどの詰め物をした仔豚の丸焼き「ポルケッタ」は地元のイベント時に人気のある名物料理。海岸地域では魚介類のスープ「ブロデット」など。

【ウンブリア州】
イタリア半島中央部に位置し州都はペルージア。代表的な食材である黒トリュフ(P192)やポルチーニ茸(P191)、オリーブオイルなどを使い、シンプルに調理した料理が多い。

【アブルッツォ州】
羊飼いの歴史が長く、仔羊の料理をよく食べるギターという意味のキタッラ(弦のように細い鉄線でカットして作る手打ちロングパスタ、P164)は名物。形状は日本そばに似ている。

【モリーゼ州】
アブルッツォ州から独立した州であるため、料理も似ている。ペペロンチーノ(赤トウガラシ、P199)を多用し、仔羊肉の料理が多い。

【ラツィオ州】
州都はローマローマ風ピッツアは薄く香ばしい生地が特徴。パスタでは卵やベーコン、ペコリーノ・チーズ(P173)などを使った「カルボナーラ」(P65)、ベーコントマトソースで作る「アマトリチャーナ」(P60)など。セコンドは肉料理が主流。生ハム等で味つけした仔牛のソテーサルティンボッカ」(P105)はローマを代表する郷土料理。


【出典】 東京書籍(著:岸 朝子)
イタリアン手帳

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 8541007
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. イタリアン手帳>イタリア料理の基礎知識>    >    地方分類と郷土料理4

A D

イタリアン手帳について
イタリア料理の基礎知識はもちろん、カプレーゼ・ミネストローネ・ボロネーゼ・漁師風リゾット・マルゲリータなどの料理名や、アンチョビ・ゴルゴンゾーラ・バジル・トリュフなどの食材、ワインやミネラルウォーターの銘柄まで収録。イタリア料理の名前や作り方、よく使われる素材のこと、また楽しい食卓に欠かせないワインの産地や種類についてわかりやすく解説しています
この言葉が収録されている辞典

 イタリアン手帳


  • 【辞書・辞典名】イタリアン手帳[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子
  • 【書籍版の価格】1,512
  • 【収録語数】
  • 【発売日】
  • 【ISBN】978-4487804054










この書籍の関連アプリ

 アプリ


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
App store


イタリアン手帳

イタリアン手帳

  • 定価:300
  • イタリアンレストランでメニューを見る...>>続く
Google Play

関連辞典
イタリアン手帳 イタリアン手帳 イタリアン手帳