見出し語 全文 ランダム



  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・19日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から12日
    ┗「冬至」まで3日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

手打ち

  手打ち

     【1】武士がおちどのあった家来や町人などを自分の手で斬(き)ったこと。「―にする」▽「手討ち」とも書く。【2】そばやうどんを機械によらず手で作ること。「―そば」【3】商談・和解が成立したしるしに、関係者がそろって手をたたくこと。手じめ。「―式」・・・

  手打ち蕎麦 成冨

     元ゴルフ雑誌の編集に携わっていた店主の成冨雅明さんは、「ほそ川」(148頁)のそばに魅せられて、この道に入ったという。「とにかく食べれば食べるほど、すごいそばだと思いました」。ほそ川のそば教室に通い、さらにご主人の細川貴志さんに弟子入りし、自分のやりたいそば屋の目標が見えてきた平・・・

  手打ちそば 志な乃

     飯田橋駅から神楽坂通りを上り、最初の小路を右に曲がった左側にある。そばと同様にうどんも手打ちで、両方が味わえる「合盛り」でも有名。食べきれない女性のために「小盛り」がメニューに用意されるほどボリュームもたっぷりで、昼時には近くの会社員で混み合う人気店だ。主人の大塚三郎さん夫妻は栃・・・

  手打ちそば 吉法師

     高級住宅が並ぶ碑文谷に、“美味し酒、旨し肴、うまい蕎麦”をモットーに平成2年にオープン。「当時はまだ、酒とそばの両方を楽しんでもらえる店が少なかった」と店主の田岡敏弘さんは話す。親戚のそば店を4年間手伝った後、「料理人は魚が扱えないと一人前ではない」と言われ、日本料理店で6年間修・・・

  手打ちそば 山禅

     市川一茶庵を中心に、手打ちそばを探求する仲間でつくる禅味会の一員。主人の石手一雄さんは、板橋にあったそばの名店、山饌で修業した後、昭和58年に現在地に店を開く。「当時は周りは畑しかなくて……。でも親方から、宣伝をするな。うまいそばを出し、接客に気を配っていれば、いつかお客様がつく・・・

  手打ちそば 甚作

     昭和33年に「大むら」という屋号で開業したというから、このあたりでは老舗といえるだろう。昭和47年に機械製麺から手打ちに切り替えたのを機に「甚作」という屋号に改称。現在は創業者と二代目が仲良く厨房に立つ。 店は駅から続く商店街の一角にあり、「ファミリーや主婦が中心ですから、通好み・・・

  手打ち蕎麦 松扇

     「茶道の精神でお客様をもてなす店を作りたい」と、オーナーの松橋さんが熱い心意気のスタッフと平成4年にオープン。確かな味とサービスが口コミで広まり、またたく間に有名店に。「作りたての最高の瞬間を食べていただきたいから」と、店内はオープンキッチンでほとんどがカウンター席だ。そばへのこ・・・

  手打ちそば みゆき

     自家栽培の実を使い、打つ直前に挽いて甘さと粘り強いそばを生む。そばがきも美味。・・・

  手打ち蕎麦 東間

     一日12組限定の予約制で、会席風料理と二八の細打ち江戸前そばがコースに。・・・

  手打ちそば 夫婦庵(閉店)

     茨城産のそばをメインに細切りで品のいい二八。二段重ねのせいろは量もたっぷり。・・・

  手打ちそば 村屋東亭

     石臼で自家製粉。常陸秋蕎麦をブランドにまで高めた店で、細切りのそばは風味に優れる。・・・

  手打ち蕎麦 田中屋

     各地の契約農家から素材を厳選。石臼製粉し、十割と一九の香り高いいそばを打つ。・・・

  手打ちそば よしみや

     北海道十勝産の粉を二八で打つそばは、細切りで艶やか。のど越し、香りともにいい。・・・

  手打ちそば にはち

     香り高い二八そばを打つ。車えびの天盛りそばが評判。西伊豆産鰹節使用のつゆもいい。・・・

  手打ちそば処 七間本陣

     細切りながらコシのあるそばは、毎朝その日の分だけ打つ。越前おろしそばが美味。・・・

  手打ち蕎麦 かね井

     福井県丸岡産の玄そばを使い、すべて生粉打ち。特に荒挽きそばと蕎麦がきは抜群。・・・

  手打ちそば 堂賀

     一茶庵系の名店で、関西での石臼自家製粉、手打ちの草分け的存在。十割田舎など。・・・


list2