見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・12月(師走/December)
    ・9日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から2日
    ┗「冬至」まで13日
    先勝
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 写真花嫁【しゃしんはなよめ】



13 ハワイ写真花嫁って、どんな人?…アメリカの日本人差別に耐え続けた日系移民たち
 1898年、ハワイはアメリカ合衆国に併合された。それゆえ、ハワイ日本人移民たちは「米化心得書」などをつくり、アメリカ人になろうと試みた。同書を読むと、「スープの音を立てて飲まない。下着で外出せず、ネクタイをつける。爪楊枝を人前で使用しない」といったことが記され、その涙ぐましい努力の跡がうかがえる。
 しかし結局、日本人移民にアメリカの市民権は付与されなかった。そればかりか、日本人をサトウキビ農園に縛りつけておくため、日本人アメリカ大陸への渡航を禁じるようになった。さらに、アメリカでの日本人差別がひどくなると、1908年に日米紳士協定が結ばれ、日本人ハワイへ渡航することも原則禁止された。この事態に、日本人移民の多くがハワイへの永住を決意する。
 どうせ永住するなら、日本人の妻を娶って家庭を持ちたい。でも、日米紳士協定日本人ハワイ来航は禁止されている。これでは、日本人女性を妻にすることができなくなってしまう。
 だが、一つだけ抜け道があった。日本人移民の親族であれば入国できるのだ。そこで日本人移民は、故郷に自分の写真を送り、お嫁さんを募集した。そして、これを了承した女性は、本人に会う前に日本で入籍し、ハワイ初めて夫に対面するのである。これを写真花嫁と呼んだ。
 現在では到底理解できないシステムだが、結婚を親が決めていた当時にあっては、特段非難を受ける方法ではなかった。だが、嫁さん欲しさに20年前の写真を送ったり、別人の写真でごまかす移民が多く、会って幻滅する花嫁も続出したという。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625089
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:親鸞①  親鸞②  陸奥宗光  徳川家光②  

   


  1. ◆「写真花嫁」の関連ワード

  2. 親鸞①

  3. 親鸞②

  4. 陸奥宗光

  5. 徳川家光②


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典