見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先勝
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 武田勝頼【たけだかつより】



10 武田勝頼の妻の見上げた献身愛…切実な想いを込めた願文を神社に奉納
 織田信長徳川家康と共に、長篠の戦い以後、勢力を弱めている甲斐国の武田勝頼を討つべく侵攻していた。1582年1月には木曾義昌が織田方に、同年2月には穴山梅雪が徳川方にといった具合に、一族の重臣が次々と勝頼を見限って、敵方へと寝返った。
 こんな状況のなか、勝頼室(夫人)桂林院は、神仏の力で何とか武田軍の崩壊を食い止めようとした。和紙1枚に571文字をびっしり書き込んだ願文を、氏神である武田八幡宮(山梨県韮崎市)に奉納したのだ。そこには、「いま逆臣が現れ、累代重恩の者もこれに加担して国を転覆しようとしています。勝頼様にどんな非がありましょう。まことに悔しいことでございます。神慮天命が誠であるなら、何とぞ霊神力によって、敵を退散させてやってください」と書いてあった。
 桂林院は北条氏政の妹で、1577年に武田家と北条家の関係強化のため、勝頼に嫁いできた。典型的な政略結婚だったのだが、その後はぐくまれた愛情ゆえか、翌年、勝頼と氏政が敵対するようになっても実家に戻らず、勝頼の妻であり続けていた。そんな夫人の切々たる思いが伝わってくる。当時まだ19歳だったという。
 しかし、願いは天に通じなかった。同年3月、信長の大軍が甲斐に押し寄せ、築いたばかりの新府城(山梨県韮崎市)にいた勝頼は、重臣・小山田信茂の岩殿城への退避を決意し、新府城に火を放った。
 だが、一族・家臣を連れて逃亡する途中、かつての部下たちに襲われ、さらに土壇場になって、頼りにしていた小山田氏まで反旗を翻したのだ。
 もはやこれまでと覚悟した勝頼は、先祖の武田信満が1416年の上杉禅秀の乱で自害した天目山棲雲寺を目指した。従者は数十名に激減していたが、そこには夫人の姿もあった。勝頼は北条家へ戻れと説得したが、夫人は拒絶したのだ。
 結局、一行は天目山へは行けず、田野(山梨県東山梨郡大和村)で敵軍に阻まれてしまう。
 このとき、勝頼夫人は、
「黒髪の 乱れたる世ぞ果てしなき
  思いに消える 露の玉の緒
という辞世の句を詠み、介錯をためらう側近に向かい、「北条早雲以来の弓矢取る武士の家柄、見事な最期を遂げましょう。実家の北条家に様子を伝えてください」と言うや、自ら口に短剣をくわえ、両手で奥へ押し込んで、見事に果てた。
 他方、勝頼は敵を斬りまくったが、やがて疲れ果て、具足櫃に腰掛けていたところを、群がり来る敵に討ち取られてしまったという。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625086
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:徳川家光②  陸奥宗光  上杉謙信  高師直  

   


  1. ◆「武田勝頼」の関連ワード

  2. 徳川家光②

  3. 陸奥宗光

  4. 上杉謙信

  5. 高師直


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典