見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    先負
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:16
    月名(旧歴日):十六夜(いざよい)/既望(きぼう)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 豊臣秀頼【とよとみひでより】



10 豊臣秀頼が大坂城から脱出?…自刃せず、薩摩へ逃げ延びたという生存説は本当か
 徳川家康は晩年、立派な青年武将に成長した豊臣秀頼に危惧を抱き、強引に大坂の役に持ち込み、秀頼を滅ぼしてしまった。秀頼が大坂落城にさいし、城内で母・淀殿と共に自刃したのは1615年5月8日のことだが、遺骸はついに特定できなかった。徳川兵は、城内をくまなく探したが、火災でどの遺体も損傷がひどく、判別が不可能だったと伝えられる。
 その1か月後の6月、イギリス・東インド会社の平戸商館長リチャード・コックスは、自分の日記に「豊臣秀頼は生きているといううわさがある」と記し、さらに3か月後、「秀頼が重臣に伴われて薩摩あるいは琉球へ逃れたらしい」とも記している。これが、秀頼生存説の最初である。
 やがて時が経つにつれ、秀頼生存伝説は、具体的かつ詳細になっていく。
『備前老人物語』には「秀頼の腹心・大野治長らが、秀頼を裸にして菰にくるみ、城の水門から堀へと流すと、待ち受けていた織田有楽斎(信長の末弟で、千利休門下の文化人として知られる人物)が秀頼を拾い上げて小舟に隠し、淀川へ運ぶ。淀川では加藤忠広(清正の息子)が2重底の船を用意して待機しており、有楽斎から秀頼を受け取って2重底に隠し、肥後へ落ち延びさせた」と書かれている。
 また、肥前平戸藩主・松浦静山が書き留めた随筆集『甲子夜話続編』には、薩摩に逃れた秀頼が、晩年は落ちぶれてアルコール中毒になり、周囲の人々にからんで非常に嫌われたという、妙にリアリティーのある話が載っている。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625009
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:徳川家重  鼠小僧次郎吉  長篠の戦い  鉄砲伝来  

   


  1. ◆「豊臣秀頼」の関連ワード

  2. 徳川家重

  3. 鼠小僧次郎吉

  4. 長篠の戦い

  5. 鉄砲伝来


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典