見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から13日
    ┗「処暑」まで3日
    仏滅
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼語源は「漁り」か「砂利」か?



アサリの語源は「漁り」が有力。または砂の中にいる貝を意味する「砂利」が元の言葉ともいわれる。少しばかり強引だが、「あやすじあり」が語源という人もいる。江戸中期の貝原益軒センセイの本草書『大和本草』に「殻に花紋ありて美なり」とあるとおり、アサリには通常淡い灰褐色で不規則な山形の紋様がある。この美しい殻をじっと見ていると、「あやすじあり」の語源も無視できなくなってくる。ただし、北海道産のアサリには紋様がほとんど見られない。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070325
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼語源は「漁り」か「砂利」か?
  1. ◆「▼語源は「漁り」か「砂利」か?」の関連ワード

  2. ▼江戸っ子が好んだ深川どんぶり

  3. ▼砂の吐かせ方のコツは塩分にある

  4. アサリ

  5. 浅蜊


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本