見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼キビナゴとイカナゴは大違い



キビナゴの語源はいくつかある。体が黄色がかっているため、黄鮒(キブナ)から転じたという説。この場合のフナは魚の総称と考えていいだろう。吉備地方で多く獲れた小魚だから吉備魚子という説もある。吉備は今の岡山県と広島県の東部。鹿児島県では帯をキビといい、帯のある小魚という意味でキビナゴとも。この魚の体側にはたしかに幅広い銀青色のタテ帯がある。鹿児島県はキビナゴの一大産地だから、これも説得力がある。
大きさや形がイカナゴに似て、名もまぎらわしいため、よくまちがえられる。だが両者はまったく別種であり、縁も遠い。キビナゴは暖水性で南日本の海に多く、イカナゴは冷水性で北日本の海に多い。キビナゴは10センチ止まりだが、イカナゴは25センチ前後まで成長する。兵庫県の明石や神戸の名物「くぎ煮」はイカナゴを佃煮にしたもので、キビナゴではない。また、東京でコウナゴと呼ばれるのはイカナゴのことだ。お間違いのないように。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070346
    1
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼キビナゴとイカナゴは大違い

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本