見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼瀬戸内海と太平洋の潮がぶつかる「速吸瀬戸」育ち



サバの多くは旋網漁法で漁獲される。以前はハネ釣りが盛んだった。灯りと撒き餌でサバの群れを集め、小船から短いサオで釣り上げる漁法だが、最近では急速に衰退している。そんな中で釣りにこだわり、大衆魚のサバをブランド化したのが、いまや知らない人がいないほど有名な「関サバ」である。漁場である佐賀関町の沖合は、「関沖」と呼ばれて、古くから好漁場として知られていた。太平洋と瀬戸内海の境界にあり、黒潮と栄養豊かな瀬戸内海の海水が混ざり合い、プランクトンが発生しやすい条件を備えている。その中でも関サバの主な漁場である速吸瀬戸は、潮流が激しく渦巻き、それが特別に身の締まった関サバを育てるとされる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070214
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼瀬戸内海と太平洋の潮がぶつかる「速吸瀬戸」育ち

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本