見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼「船内一尾凍結イカ」は釣りたての味にかぎりなく近い



スルメイカの産地は全国に多いが、そのなかでも注目したいのが能登半島富山湾沿いにある小木(おぎ)(石川県内浦町)。ここの「船内一尾凍結イカ」は、イカ漁業の革命といえるほどの傑作だと私は思っている。一般に魚は釣りたてよりも死んでからほどよい時間が経ったほうが、たんぱく質が旨味成分に変化してうまくなる。でも、どういうわけかイカ類は釣りたてがうまい。船内一尾凍結イカは釣りたての味にかぎりなく近い。仕組みはまるでコロンブスの卵でじつにたわいない。小木のイカ船はスルメイカを釣り上げると、ただちに波形のトレーに1杯ずつ並べ、船内の冷凍室でマイナス40度で急速冷凍する。これで1尾ずつばらばらに冷凍できるだけでなく、うまみを封じ込めて鮮度を保つことができるのだ。
船内一尾凍結イカが登場するまでは、冷凍イカといえば何十杯を一緒に固めるブロックが常識だった。それが1尾ずつの冷凍になった効能はあらたかである。主婦がたとえ20~30杯入りの1箱を買い求めたとしても、2~3杯ずつ袋に分けて冷凍のまま冷凍庫に保存でき、手軽に釣りたての味を楽しめる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070117
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼「船内一尾凍結イカ」は釣りたての味にかぎりなく近い

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本