見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼砂の吐かせ方のコツは塩分にある



殻付きのアサリは砂出しが必要になる。これをはぶくと、ジャリジャリと砂を噛んで、ほぞを噛むことになる。上手に砂を吐かせるには、適量の塩を使うこと。アサリは塩分の少ない水に棲む。この塩分の環境を作ってやればいい。塩分約2パーセント。すなわち1リットル当たり20グラムの塩を容器に溶き、これにアサリをひたしておく。おばあさんは、いやまれには若い女性も、これにクギや包丁を入れる。鉄分が砂を吐かせると信じているからだろうが、これには科学的な根拠がない。もう一つのコツは、砂出しは薄暗くて、静かな場所に容器を置くこと。普段のアサリは静かな生活を送っているから、明るくて騒々しいとへそを曲げて(?)、元気よく砂を吐かないのだ。砂出しの時間は30分から一晩と大きな差がある。上手な砂出しほど、またアサリに活力があるほど、時間は短くてすむ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070327
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼砂の吐かせ方のコツは塩分にある

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本