見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・15日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から8日
    ┗「処暑」まで8日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:3
    月名(旧歴日):三日月/初月(ういづき)/月の剣
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼江戸っ子が好んだ深川どんぶり



江戸期の川柳を調べていると、女性たちを表す隠語として貝類が使われている。これが面白くてついニヤッとしてしまう。アカガイは妙齢のご婦人、シジミは少女、ハマグリは一人前の女性か芸者、アサリは下町の女房を意味する。気取らないところはまさに共通している。
そんな江戸期を描いた時代小説で、江戸っ子が深川どんぶりをほおばる場面を読んでいて、つい生つばを呑み込んだことがある。アサリのむき身を醤油と酒で煮て、その汁でご飯を炊く。炊き上がったところでむき身を加えて混ぜ合わせる。どんぶりに盛り、きざみネギともみノリを散らす。江戸・深川の名物だったから、この名前で呼ばれるようになった。当時は東京湾で大量のアサリが獲れたろうから、今よりもずっと庶民の味だったにちがいない。今味わっても、深川どんぶりはなかなかいける。ときには江戸っ子気分でいかがですかな。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070326
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼江戸っ子が好んだ深川どんぶり

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本