見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・13日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から6日
    ┗「処暑」まで10日
    先負
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼焚火で殻ごとあぶり、海水で洗って食べるのが一番



御宿でとれるアワビは3種類。メガイとマダカ(御宿ではマタガイあるいは単にマタと呼ばれる)とクロ。ベテラン海女によると「食べておいしいのはマタ」。浜の食べ方は豪快である。もぐりから上がると浜辺で暖をとるための焚火を起こし、この焚火で殻ごとアワビをあぶる。焼けたところで殻から身を取り出し、海水でばしゃばしゃと洗ってほおばるというのだ。この食べ方を受け継いだのが、御宿の民宿で人気のある踊り焼きだ。一方、水貝という食べ方は夏向きだ。アワビの身をサイコロ状に切って氷水に浮かし、薄切りのキュウリを加えるアワビに含まれる天然の塩味がうまさを引き立てる
御宿のアワビ漁は6月1日~9月15日。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070084
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼焚火で殻ごとあぶり、海水で洗って食べるのが一番
  1. ◆「▼焚火で殻ごとあぶり、海水で洗って食べるのが一番」の関連ワード

  2. 岩牡蠣

  3. イワガキ

  4. ▼アワビを岩からはがすには呼吸が大事

  5. ▼マダカ、メガイ、クロは夏、エゾは冬が旬


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本