見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ブリ文化圏とサケ文化圏



日本はブリ文化圏とサケ文化圏に大きく分けられるそうだ。この説によると、新潟県の糸魚川と静岡県の天竜川を線で結び、北側は正月にサケを用いて、南側は正月にブリを使うという。
ブリの産地である氷見(ひみ)(富山県)や宇出津(うしつ)(石川県)では、年の暮れになると里から嫁ぎ先にブリを贈る習慣がある。嫁ぎ先ではこの料理を正月用の膳に並べて新年を祝う。博多(福岡県)周辺でも塩ブリを嫁ぎ先に贈る。これを嫁御鰤といい、正月の4日間はこれを具にした博多雑煮で祝う。山国にもこの習慣がある。松本(長野県)周辺では、飛騨鰤料理で正月を祝う。飛騨鰤とは富山湾で漁獲したブリを塩漬けにして、飛騨高山を経由して運んだことから、この名で呼ばれる。けっして海のない飛騨でとれたブリではない。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070293
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ブリ文化圏とサケ文化圏

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本