見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・16日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から9日
    ┗「処暑」まで7日
    赤口
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:4
    月名(旧歴日):四日月(よっかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼富江では漁師の8割以上がシビを追う



日本近海のクロマグロは1~2歳まで育つと、太平洋を横断して北アメリカ西岸へ遠征し、再び日本近海へ回遊してくる。日本沿岸で漁獲される若魚は、この遠征前の1~2歳魚だ。大マグロ釣りでよく話題になる青森県大間(おおま)町のマグロは、遠征から帰ってきた大型のクロマグロである。
五島列島福江島の富江(とみえ)はメジマグロ(ここではシビといっている)の産地として知られる。漁期になると、富江の全漁船200隻のうち、およそ160隻が曳縄漁法でシビを追いかけるのだから壮観である。
富江のメジマグロ漁には二つの漁期がある。12月から3月までに漁獲する魚群は、日本海生まれて対馬沖を経て富江沖にやってくる。4月から6月にかけて富江沖を通る魚群は、太平洋生まれて高知沖から対馬沖へ向かう。冬の魚群のほうが断然うまいと土地の漁師はいう。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070648
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼富江では漁師の8割以上がシビを追う

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本