見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼生干しがシラス干し、よく乾燥させたのがチリメン



シラス、あるいはシラス干しの定義については人それぞれ。土地によっても異なるため、ここで簡単に整理しておきたい。シラスとはイワシ類やイカナゴ、ウナギ、アユなどの稚魚を総称していう。多くの場合はイワシ類、特にカタクチイワシの稚魚の生、もしくは塩水でゆでたり、蒸気で蒸したものをいう。皆さんが食卓でよく見かけるシラス干しは、熱を加えてから、乾燥機や天日で乾燥させたものだ。このうち生干しをシラス干し、よく乾燥させたものをチリメン(東京では「チリメンジャコ」)と呼び分けることが多い。
シラスの大きさでも呼び方が変わるカタクチイワシの稚魚で1~1.5センチシラスといい、2~3センチまで成長したものをカエリと呼ぶ。カエリをゆでたり、蒸気で蒸して乾燥させたものをカエリチリメンと呼び分ける。なおイカナゴのチリメンはイカナゴチリメン、またはコウナゴチリメンと呼ばれる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070374
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼生干しがシラス干し、よく乾燥させたのがチリメン
  1. ◆「▼生干しがシラス干し、よく乾燥させたのがチリメン」の関連ワード

  2. ▼2~3隻でチームを組む船曳網漁で漁獲

  3. ▼シラスは鮮度が命と再認識

  4. シラス

  5. 白子


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本