見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・9月(長月/September)
    ・23日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気:「秋分
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 富岡製糸場【とみおかせいしこうじょう】



11 錦絵で有名な富岡製糸場は、その一部が現存する…歴史をいまに留める官営模範工場の勇姿
 明治政府は、富国強兵を目指して殖産興業政策を積極的に推進していったが、その政策の一環として、官営模範工場と称する国立の最新工場を各地に設立していった。なかでも有名なのは、工場内部を描いた錦絵が多くの教科書や資料集に掲載されている、群馬県富岡市富岡製糸場であろう。
 この製糸場は、1872年に操業を開始した。フランス人技師ポール・ブリューナを雇用して、フランス式の最新器械を導入、工女(女子労働者)に近代的糸繰り技術を伝授したことで知られている。
 錦絵には、建物内の左右に整然と工女たちが居並び、外国人技師の指導のもと、糸繰りをしている姿が描かれている。赤レンガの壁とガラス窓が、文明開化の臭いを漂わせている。
 すでに遠い明治の話だが、実はこの富岡製糸場、何と現存しているのである。製糸場の正門やブリューナの館に加え、あの錦絵にある赤レンガの壁も一部現存している。
 現在の富岡製糸場は、片倉工業㈱という民間会社の所有で、1987年までは現役工場として稼働していた。すでに操業はストップしているものの、同社の手で大切に保存されている。民間所有なので原則として公開していないが、特別拝観日には内部に入って見学することができる。
 入ってみると、まさに錦絵にあるがままの姿で、赤レンガとガラス窓枠が残っている。驚くことにガラスについては、設立当初のものが一部残っており、手作りガラスを通した先のゆがんだ風景が、往時を偲ばせてくれる。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625127
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:東京大学  正岡子規  ペルー来航  駒づくり  

   


  1. ◆「富岡製糸場」の関連ワード

  2. 東京大学

  3. 正岡子規

  4. ペルー来航

  5. 駒づくり


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典