見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ざぼん漬[辰巳屋総本店]【ざぼんづけ】


城下町島原で創業380年
特産の柑橘類を生かした名物






創業は寛永元年(1624)というから、歴史はゆうに380年を超える。店のある城下町の島原はもとより、長崎県内でも指折りの老舗である。店の代表銘菓・ざぼん漬は、同時に島原の郷土銘菓でもある。島原半島では暖かい気候を生かし、江戸時代初期にポルトガル船が持ち込んだ巨大な柑橘類ザボンが多く栽培されてきた。これを銘菓に仕上げたのが、このざぼん漬だ。
製法は、ザボンの皮を丸ごと乾燥させて、ゆでて水にさらした後、砂糖と水飴の溶液で煮る。これを乾燥させて砂糖をまぶして出来上がり。肉厚ながらしっとりとやわらかい。かなり甘みが強いが、ほのかな香りと苦みは、他にないザボンならではのものだ。この製法をミカンに応用し、四代前の当主が作り上げたみかん漬も好評。ただし、こちらは12月~夏頃までの限定品だ。カステラも自慢の一品。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071942
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>九州・沖縄>長崎県    >    ざぼん漬[辰巳屋総本店]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産