見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・2月(如月/February)
    ・16日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立春」から12日
    ┗「雨水」まで3日
    赤口
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 日本人好みに進化した牛肉料理あれこれ



日本人が牛肉を食べはじめたのは文明開化の明治時代。西洋に追いつけということで政府が奨励し、豆腐などと一緒にしょうゆや砂糖で調味して食べたのがすき焼きです。同じ鍋物でも、最近人気のしゃぶしゃぶは戦後生まれで、原点は北京の?羊肉(シュアンヤンロウ)。私も北京で食べましたが、羊肉を使い、薬味やたれも違います。牛肉を材料にし、ごまだれやポン酢日本人好みのあっさり味に仕立てたしゃぶしゃぶは、肉の脂肪が抜けるという点でヘルシーでもあります。いずれにしても肉食の歴史が浅い日本人の知恵といえます。

牛肉といえばステーキですが、これをしょうゆと砂糖で味つけしてご飯にのせるステーキ丼は日本人の発明です。甘辛く煮た牛肉をのせる牛丼も日常のメニューになっています。アメリカでは、しょうゆと砂糖の甘辛味の照り焼きステーキが人気を呼んでいるのも面白い現象で、逆上陸といえますね。

ビーフシチュー、タンシチュービーフカレービーフカツなどは日本の洋食を看板にする店の定番料理ですし、牛肉が材料のハンバーグはドイツのハンブル生まれと聞きますが、メンチカツやハンバーガーとなって学校給食やファストフード店で愛されています。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070900
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の肉料理>コラム>肉料理の愉しみ    >    日本人好みに進化した牛肉料理あれこれ

A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理