見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・22日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から14日
    ┗「秋分」まで1日
    先勝
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 牛鍋 じゃのめや【ぎゅうなべ じゃのめや】


時代を超えて伝える開化の味





「ザキで芝居を見て、帰りに鍋を食べるのが粋だといわれた明治、大正時代から、伊勢佐木町の歴史とともに歩んできた蛇の目屋(同店のパンフから)」は、牛そば・牛どんの屋台の時代を経て、明治26年(1893)に現地に開業。以来牛鍋ひと筋に100年余、開化ヨコハマの味を伝えてきた。

牛鍋は、鍋に初めから割下が張ってある。まずは肉を二度ほど煮て食べてから、椎茸や白たき、焼き豆腐、長ねぎ、それに他店ではあまり見ない玉ねぎなどのざくを入れる。鍋が煮詰まりそうになったら濃淡2種の割下を使い分けて調節しつつ、肉汁をたっぷり吸ったあっつあつのざくを頬ばる段取りだ。

鍋の味を決定づける割下(濃いほう)は、醤油・みりん・ざらめを炊き上げてからよくなじませ、1週間ほどびんに寝かせた逸品。ブランドより品質を重視した肉と新鮮なざくに、秘伝の割下がからんで香ばしい。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の肉料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070898
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の肉料理>牛肉料理>横浜市    >    牛鍋 じゃのめや

A D

東京五つ星の肉料理について
とんかつ,ステーキ,すき焼き,しゃぶしゃぶ,桜鍋,ハンバーグ,ビーフシチュー,軍鶏料理……あらゆる肉料理から,東京でこれぞという名店を料理記者・岸朝子が精選に精選を重ねて紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の肉料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の肉料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2007-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80183-1










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の肉料理

東京五つ星の肉料理

  • 定価:360
  • すき焼の江知勝、鳥すきのぼたん、鴨す...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の肉料理