見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ファッションショー【東京雑学研究会編】


§ファッションショーはいつから始まったの?



ファッションショーといっても、オートクチュールプレタポルテだけにとどまらず、靴やバッグ、宝飾品のブランドが開くものもあり、身につける服飾品すべての分野で、自分や自社の新製品を顧客に見てもらい、注文を受けるためにする宣伝は、すべてファッションショーとなる。
その意味からいうと、世界ではじめてこのショーを試みたのは、修業に訪れたフランスで一八五八年に自分の注文婦人服店を開いたイギリス人のチャールズ・ワースである。
当時、第二帝政下のパリでは貴族婦人たちがそれぞれお気に入りの仕立て屋に自分の服を作らせて、ドレスデザインを競い合っていた。しかし、その頃の仕立て屋は、店を構えていてもショーウインドーに見本を飾ることすらせず、顧客にはデザイン画を見せたり、せいぜい人形に見本を着せて立体感を見てもらう程度のサービスしかしなかった。
それをワースは、あらかじめ何点かのドレス仕立てておき、それと同じものを客の体型に合わせて縫製するというシステムを考案する。さらに、そのドレスが、人の動きにつれてどんなラインの変化を見せるかを示すために、女性に着せて店に立たせ歩かせたうえ、ポーズをとらせることまでしたという。
さらには、新作が完成すると、そのドレスをまとった女性を連れて、劇場、公園、競馬場、避暑地など人の大勢集まる場所に出向いた。この女性こそ世界で初のファッションモデルであり、ワースの妻でもあった。まさにフランス夫唱婦随の婦人服店の誕生であり、モデルを使って自分のセンスを披露し、客の注文に結びつけたという点で、はじめてのファッションショーを開いて、今日のオートクチュールスタイルの婦人服店の第一号となったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670809
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>服装    >    ファッションショー
  1. ◆「ファッションショー」の関連ワード

  2. V字ジャンプ

  3. フィルムの枚数

  4. 貧乏ゆすり

  5. ビンビール


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全