見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ビンビール【東京雑学研究会編】


§ビンビールは亡命の成功によって発見された!



ビンビールの栓を抜く瞬間の勢いのよい音は格別だ。しかし、ビールは本来、樽に入っている飲み物。ということは、ビールをビンに詰めた人物がいたことになる。
最初にビールをビンに入れようと考えたのは、アレキサンダー・ノーウェル。熱心なプロテスタントの牧師で、エドワード三世の時代にはイギリスの教会で高い地位についていた。一六世紀後半のことである。彼は同時に無類の釣り好きでもあった。
イギリスではプロテスタントの迫害が増していた時代。エドワード六世の次に即位した君主メアリー女王は、「イギリスプロテスタント派を根絶やしにせよ」と家来に命令。一五五五年に「火あぶり」という粛清が開始された。
公職から追放され、暇になったノーウェルはある日、いつものように大好きな釣りに出かけた。当時ビールは樽の中に貯蔵されていたが、彼は携帯用容器としてビンを使い、そこにビールを詰めて飲みながら釣りを楽しもうとしていた。そこへメアリー女王の手の者によって逮捕投獄されるという知らせが入った。「泡を食う」とは、まさにこのことだ。
彼は釣道具を植えこみの下草の中に置き去りにし、船を使って無事大陸へ渡り、フランスに亡命した。しばらくしてメアリーが亡くなり、危険が去ったので彼は帰国した。
釣道具を残した場所に戻ってみると、食糧とビールを詰めたビンも残っていた。そのビンを開けた途端、鉄砲のような大きな音がした。そのビールは、とてもうまかった。
これがビールビン内発酵発見の最初の瞬間であった。ビールはビンに詰めた後も発酵を続けていた。そしていくぶん刺激性のある、さわやかな味をつけ加えた。これを知ったノーウェルはビンを、単なる携帯用容器としてでなく、ビールをもっとうまくするための道具として使用するようになったという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670807
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    ビンビール

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全