見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ベレー帽【東京雑学研究会編】


§ベレー帽が画家のシンボルになったのはなぜ?



画家や漫画家のトレードマークになっているのが、ベレー帽
女性や子どももかぶるし、これを制帽にしている軍隊もあるが、やはり芸術家のものというイメージが強い。
ベレー帽を画家がかぶるようになったのは、ルネサンス時代からのことである。当時の人気画家ラファエロも、この帽子をかぶっていたし、ルネサンス以降の時代の画家は、ベレー帽をかぶった自画像を、よく描いている。
画家がベレー帽を好むようになったのは、まず仕事の性質による理由が考えられる。
作品に取り組んでいる最中、髪が顔にかかると、邪魔である。興が乗っているときは、一瞬たりとも絵筆を止めたくない。そこで、髪を押さえることのできるベレー帽をかぶったのだろう。
「だったら、髪を切ってしまえばいいじゃないか」と思うところだが、男性が髪を短くするようになったのは、近代になってからの習慣なのである。
現代の画家も、あえて長髪にしている人が多く、邪魔なときは髪を束ねたり、バンダナでまとめたりしているが、ベレー帽をかぶるのも、それと同じなのである。
ベレー帽は、柔らかいフェルトでできていることが多く、頭を包むシンプルな構造なので、ヘアバンド代わりになったのである。
次に考えられるのは、ファッション性である。
シルクハットのような帽子は、決まりきったかぶり方しかできないし、洋服もそれに合ったものでなくてはならない。しかし、ベレー帽なら、斜めにかぶったり、あみだにかぶったり、羽根飾りやブローチをつけたりと、自分の好みに合わせアレンジできるし、何を着るかも、そのときしだいで自由自在である。
つまり、ベレー帽実用的で、かつ画家のお洒落心をくすぐる存在だったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670863
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ペンギン①  ペンギン②  ヘルベチア  ベルサイユ宮殿  

   


  1. 雑学大全>生活>服装    >    ベレー帽

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全