見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ピカソ【東京雑学研究会編】


§ピカソはどうして自分の名前を覚えられなかったのか?



二〇世紀を代表する天才画家、パブロ・ピカソが、自分の本名を覚えられなかったのは本当の話である。理由は、彼の本名があまりに長い名前だったから。
「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・フアン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・ド・ラ・シプリアーノ・クリスピン・クリスピニアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ
なんと、これが一八八一年一一月一〇日に命名された、ピカソのフルネームなのだ。天才といえど、これでは、覚えろという方が無理だろう。
国学院大学栃木短期大学教授の笹本克彦先生によれば、彼の名前がこんなにも長いわけは、「祖父・伯父・父・乳母など七人分の名前をふんだんに盛り込んだため」なのだそうだ。
もともとヨーロッパには、最も神聖とされる名前を、最後に持ってくるという習慣がある。ピカソの名前の最後をしめる「シプリアーノ・サンティシマ・トリニダード」は、キリスト教では、神・キリスト・聖霊の三位一体を意味する言葉。本人の幸せを祈り、さまざまな願いが込められた愛情深き名前であったわけだが、長すぎて実用的でないため、結局は略して使っていたのである。
さて、ピカソのこの本名、出生届がなされたスペインのマラガ市役所に記録として残ってはいるものの、彼の長い生涯にはおよそ無縁のものであったという。
それもそのはず、ピカソ本人も覚えていなかったというのだから。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670788
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:彼岸花  飛行機①  被告  ビキニ  

   


  1. 雑学大全>趣味>芸術    >    ピカソ
  1. ◆「ピカソ」の関連ワード

  2. 彼岸花

  3. 飛行機①

  4. 被告

  5. ビキニ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全