見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 被告【東京雑学研究会編】


§被告人と被告の違いは何か?



「被告」に人をつけたから「被告人」というわけではない。混同しやすいのだが、この二つには明確な立場の違いがある。
「被告」は民事裁判で訴えられた側をいう。そして「被告人」は刑事裁判で罪を犯したとして起訴されている人物のことをいうのである。
では「被告」から説明しよう。民事訴訟では、私人と私人の間の紛争が審理されるが、このときに訴えた側が原告で、訴えられた側が被告である。つまり受動的当事者を被告という。
次に「被告人」であるが、被告人を訴追するのは必ず検察官となっている。民事にならっていえば、原告の立場にあるのが検察官であり、被告の立場にあるのが「被告人」というわけである。しかし、検察は国家機関なので原告という言い方はしないのだ。
こういう区別を知らないと、民事裁判でいきなり被告と呼ばれたことで怒りだす人もいるかもしれない。自分を犯罪者扱いしたと誤解するのである。
民事裁判では訴えた人、訴えられた人のどちらもがその立場を入れ替えることはありえるが、刑事裁判ではそれはありえないのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670787
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ピカソ  彼岸花  ビキニ  引出物  

   


  1. 雑学大全>社会>事件    >    被告
  1. ◆「被告」の関連ワード

  2. ピカソ

  3. 彼岸花

  4. ビキニ

  5. 引出物


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全