見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 紙幣【東京雑学研究会編】


§紙幣にはなぜ肖像画が描かれているのか?



壱万円札のことを福沢諭吉と呼んだりする。お札に描かれている超有名人は、そのまま、その金額を連想させたりするものだ。
このお札に肖像画を入れるという発想は、意外と簡単な理由から始められている。それは、偽造防止のためである。人物の絵は、顔の輪郭、シワ、ホクロ、毛髪、ヒゲなどさまざまなパーツが書き込まれている。これをまねして、作るのは困難。そういう発想から、お札に肖像画が用いられるようになったのだ。
日本ではじめてお札に肖像画が登場したのは一八七八(明治一一)年のことである。モデルは神功皇后だった。それ以来、大国主命、日本武尊命、菅原道真、聖徳太子、伊藤博文、夏目漱石といった歴史のスーパースターがお札を飾ってきた。
しかし、肖像画を取り入れた人もまさか想像はしていなかっただろう。ボタン一つで、今はそれを完璧に模写してしまう、コピー機やパソコンという機械が登場してくるとは……。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670431
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:シマウマ  四万十川  信濃川  品川駅  

   


  1. 雑学大全>生活>お金    >    紙幣
  1. ◆「紙幣」の関連ワード

  2. シマウマ

  3. 四万十川

  4. 信濃川

  5. 品川駅


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全