見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・20日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立夏」から14日
    ┗「小満」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 徳川家重【とくがわいえしげ】



11 将軍・家重の言葉を理解するただ一人の男…遺骨から見えた逸話の真相とは?
 8代将軍・徳川吉宗の長男で、9代将軍になった家重は、生来病弱なうえ、酒色にふけって大奥に入り浸る暗愚な人物だったという。
 それに比べて、次男の宗武は聡明だったから、宗武を次期将軍に擁立しようという動きも強く、老中の松平乗邑などは、
「王(家重)の性懦弱にして而して多病なるを以て、之を廃し、庶子宗武を立てん」(『続三王外記〈8~10代将軍の治世について記した歴史書〉』)
と吉宗に進言した。
 しかし吉宗は、長子相続制度を順守し、後憂を払うため、松平乗邑を罷免した。宗武はその後、御三卿の一つとなる田安家を創設している。
 その将軍・家重が言語不明瞭で、側用人の大岡忠光だけにしかその言葉を理解できず、それゆえ、家重の指示はすべて忠光を通しておこなわれたという逸話がある。
 1958年夏、芝増上寺(東京都港区)にある徳川歴代将軍墓の改葬を機に、学術調査団が組織され、将軍の遺体がくわしく調べられた。このとき、将軍の歯を調査した人類学者・佐倉朔氏によると、家重の歯は極めて特殊で、臼歯列が一定の方向に削り取られたような形状をしていたという。これは、長期間にわたって上下の歯を擦り合わせる運動、すなわち歯ぎしりをしていた痕跡らしい。佐倉氏はその原因を、中枢神経の気質的障害による運動失調症の結果だとし、家重は軽度の脳性小児マヒではなかったか、と推定している。
 とすれば、家重の言語障害は事実であった可能性が高いということになる。

【出典】 日本実業出版(著:河合敦)
日本史の雑学事典

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14625010
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:鼠小僧次郎吉  榎本武揚  豊臣秀頼  長篠の戦い  

   


  1. ◆「徳川家重」の関連ワード

  2. 鼠小僧次郎吉

  3. 榎本武揚

  4. 豊臣秀頼

  5. 長篠の戦い


A D

日本史の雑学事典について
歴史上の人物の意外な素顔や、有名な事件の驚くべき真相などを掲載。 教科書ではあじわえない歴史の奥深いおもしろさ、たのしさが収録されています。
この言葉が収録されている辞典

 日本史の雑学事典


  • 【辞書・辞典名】日本史の雑学事典[link]
  • 【出版社】日本実業出版社
  • 【編集委員】河合敦
  • 【書籍版の価格】1,404
  • 【収録語数】136
  • 【発売日】2002年6月
  • 【ISBN】978-4534034137










関連辞典
日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典 日本史の雑学事典