見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・16日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から10日
    ┗「大寒」まで4日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 4.一茶案【いっさあん】



昭和初期、そばの世界は、多くが機械製麺に変わり手打ちの店は十指を数えることも難しくなった。第二次世界大戦中、そば粉は物資統制下にあり、そば屋は営業出来なくなった。戦後は、そば粉の流通があっても衛生の見地から、機械の工程のみのそばだった。一九七〇年代になり経済成長期を迎えると、江戸以来のそばの技術低下に危機感を抱いた東京の「本むら庵」の小張信男氏は手打ちの復興を試みる。また、「一茶庵」の創業者片倉康雄氏も、昭和四十八年(一九七三)、多田鉄之助と「日本そば大学講座」を開設し、技術の普及に力を入れた。氏は大正十五年(一九二六)、一茶庵を新宿に開き、昭和八年(一九三三)、大森に移転。魯山人との親交もあり、この店で、そば料理を完成させた。同十七年(一九四二)、戦争のため閉店。戦後の同二十九年(一九五四)、足利で再開し、その後、手打ちそばの技術の指導普及により、全国のそば職人に影響を与えた。長坂の名店「翁」の高橋邦弘氏なども、その一人だろう。

一茶庵は、新しい流れを、手打ちの技術と共に作ったが、その暖簾の系譜は、大きく分けて四つある。本店の家族および親族、暖簾分け、そば講座、次男英晴氏の教室からの流れ、である。

手打ち復興を導いた一茶庵のそばは、江戸的に、細くて繊細、つゆは濃い。それに、五色そば、焼き味噌は出色だ。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071321
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:5.東家  6.その他  3.藪  2.更科  

   


  1. ◆「4.一茶案」の関連ワード

  2. 5.東家

  3. 6.その他

  4. 3.藪

  5. 2.更科


A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦