見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・21日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大寒」から1日
    ┗「立春」まで14日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:15
    月名(旧歴日):望月/十五夜/天満月(あまみつつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 5.東家【あづまや】



北海道、最初のそば屋として、伊藤文平が、屋台のそばの行商を始めたのは明治七年(一八七四)、小樽でのこととされる。幕府の崩壊後、元越前(福井県)の下級武士だった文平は、息子の竹次郎と共に、北海道開拓使が札幌に置かれた明治二年(一八六九)に小樽にやってきた。そば屋の店舗を構えたのは明治十年ごろ、屋号は「やまなか」といった。

小樽は、当時、港として重要であり、日本で三番目の鉄道も開通している。明治三十年(一八九七)、屋号を「東家」に改称する。その五年後、なぜか閉店したが、さらに十年後の明治四十五年〈大正元年〉(一九一二)、釧路で再起した。

この後、釧路が好景気であったため、暖簾分けにつぐ暖簾分けをした。開拓が盛んだったころの北海道の様がうかがえる。

現在、「東家」一門は、釧路、札幌を中心に四十八軒あり、釧路市に近い春採湖畔に門を構える「竹老園」総本店が有名だ。この店の品書きでは、白いそば粉に鶏卵を加えた「蘭切り」、「茶そば」、「そば寿司」に「かしわぬき」(かしわそばのそば抜き)コースが名物である。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071322
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦