見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・18日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から10日
    ┗「秋分」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:18
    月名(旧歴日):居待月(いまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 2.更科【さらしな】



更科は、寛政二年(一七九〇)、信州で布を商っていた布屋太兵衛が、麻布永坂に創業。太兵衛の出身地は、保科家発祥の地ともされた、信州保科村である。彼は、当時出入りを許されていた保科家から、そば打ちの腕を認められ、そば屋への転業を勧められた。折しも江戸は、そば屋の全盛期を迎えようとしていたところである。よい時機を得たことであったろう。

看板は信州更級の更と保科家の科を併せて「信州更科蕎麦所布屋太兵衛」とした。

いま広く知られている「更科」という店名は、最初は名目だった「さらしな」が定着してしまった通称である。麻布永坂「更科」も、本来の屋号は「布屋太兵衛」であり、のちに開店する分店、支店も、屋号としては「布屋某」と名乗っている。

現在は、麻布十番の「永坂更科 布屋太兵衛」と「総本家更科堀井」をはじめ、明治二十年(一八八七)創業の「神田錦町更科」、同三十五年(一九〇二)創業の「有楽町更科」などがあり、これを継ぐのが大森の「布恒更科」である。

注)「有楽町更科」は、後継者がなく、平成六年(一九九四)に閉店した。

更科は、創業が「保科家」に関係していたからか、高級なそば屋としての名を博し、大名屋敷や有力寺院へ、また明治以後には皇族、宮家にも出入りしたという。そばの評判が高いばかりでなく、店の造作、食器、調度類等、出色だったようだ。

更科そばの大きな特徴は、真っ白に細く打たれ、艶やかで上品な風情にある。つゆは甘め、「総本家更科堀井」では客の好みを考えて、甘・辛と二通りの汁を供している。店々により、芝大門の江戸前穴子の天麩羅、布恒のかわりそば等々ある。もちろん普通のそばも出している。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071319
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:3.藪  4.一茶案  1.砂場  丹沢そば 石庄  

   


  1. ◆「2.更科」の関連ワード

  2. 3.藪

  3. 4.一茶案

  4. 1.砂場

  5. 丹沢そば 石庄


A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦