見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 七丁目京星【ななちょうめきょうぼし】


一子相伝の油で揚げる





昭和2年(1927)「明星」の屋号で韓国で創業、同19年に帰国、京都・祇園に店を構える。昭和27年に銀座に進出した際、創業時の住所から〝京〟と〝星〟をとって屋号を「京星」と改めた。

七丁目京星の名で銀座7丁目に支店をオープンしたのは昭和57年。このとき店を任されたのが3代目に当たる榊原茂弥さんだった。平成10年に本店は廃業、七丁目京星も屋号は変えずに銀座6丁目に移った。現在は移転準備のため休業中で、平成19年10月からは銀座5丁目で再開する予定だ。

一子相伝の油で揚げる天ぷらは、衣は軽く、香ばしい。薄い衣の中に素材の旨みが見事に凝縮されており、かつて美空ひばりをはじめ江利チエミ、大川橋蔵らが足しげく訪れたというのもうなずける。品書きは昼も夜もおまかせのコースが1種類のみ。昼は12品、夜は17品がいただける。日本酒のほかウイスキーブランデーワインなど酒も豊富に揃う。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070759
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play