見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 つきじ天竹【つきじてんたけ】


メニュー豊富でリーズナブル





ふぐと天ぷらの二枚看板を掲げ、庶民的な雰囲気と値段の安さから広く親しまれている大型店。

三重県伊勢市から上京した初代・浜田竹松氏は大正10年(1921)、門前仲町に店を構え、自身の名前から一字をとって天竹と名付けた。昭和初期に歌舞伎座前に移り、現在地に腰を据えたのは昭和23年のこと。

「竹松は女房の祖父でして、店を持つ前は屋台で天ぷらを売っていたそうです。戦前は天ぷらと寿司の店でした。ふぐ料理は戦後からですが、メニューの中心は今も天ぷらです」と語るのは3代目の後藤武二さん。値段が安いからといって決して手は抜かず、毎朝、自らすぐ近くの築地へ出向き、生きた魚介とみずみずしい野菜を仕入れる。初代の味とこだわりを守りつづけており、天つゆの醤油とみりんの配合も昔のままだ。

店は隅田川に架かる勝鬨橋のたもとに建つ5階建て。気軽な椅子席のほか、宴会もできる座敷と個室がある。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070758
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅