見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼サメ皮でおいしくワサビをおろす



サメの語源は、体に比較して目が小さいため、「狭目」(サメ)とする説が有力。昼は眠り、夜に目を覚ますところから「覚め」(サメ)ともいわれる。関東ではサメが一般的な呼び方だが、西日本ではフカ、山陰ではワニ。九州の漁師を取材していて「フカのサメがなあ」といわれて訳がわからなくなったことがある。このときのサメはフカ(サメ)の皮を意味していた。
サメと聞いて即座に連想するのがサメ肌。そのざらざらは楯鱗と呼ばれるウロコのせいで、なんと歯と同様の構造だそうだ。サメの皮は利用価値が高い。古くはヤスリ代わりに使われ、刀剣の柄の滑り止めにも利用された。今ではワサビおろし器。金属製のおろし器と違って、かねっけのないおいしいワサビをおろせるので、ぼくも重宝している。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070532
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼サメ皮でおいしくワサビをおろす
  1. ◆「▼サメ皮でおいしくワサビをおろす」の関連ワード

  2. ▼神話や伝説の中のワニはサメのこと

  3. ▼どんなサメをどんな風に食べるか

  4. サメ



A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本