見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼しじみうり黄色なつらへ高く売り



シジミは昔から黄疸の特効薬とされてきた。正徳(しょうとく)年間(1711~1716)発行の『和漢三才図会』には「しじみは酒毒や黄疸に有効」とある。そこでこんな川柳も詠(よ)まれた。〔しじみうり黄色なつらへ高く売り〕
黄疸は肝臓病の代表的な症状である。シジミが肝臓によいとされるのは今も変わりない。この小貝には必須アミノ酸、タウリン、ビタミンB12などが豊富に含まれ、それらがとくに肝臓の働きを高めるらしい。たんぱく質を構成するアミノ酸は、ほとんどが体内で自動的に合成される。ところが8種類だけは体内で合成されないため、食べ物から摂取しなければならない。その8種類が必須アミノ酸と呼ばれる。
たんぱく質が体に必要なのはいうまでもない。なかでもたんぱく成分のタウリンは肝臓の健康に欠かせないばかりでなく、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やすといわれている。肝臓が疲れているあなた、酒のあとに一杯のシジミ味噌汁をどうぞ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070108
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼しじみうり黄色なつらへ高く売り

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本