見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼十三湖畔に受け継がれる健康食「シジミの煮汁」



ヤマトシジミの主産地である十三湖は青森県の西海岸に位置し、岩木川から流れこむ淡水と日本海の海水が混ざり合う汽水湖だ。ここのシジミは寒さ厳しい自然環境の中でゆっくりと育つせいか、味にコクがあり、県内外のシジミ好きに支持されている。その十三湖を抱える市浦村には、シジミの煮汁という健康食が古くから受け継がれている。
煮汁の作り方を聞けば、なるほどその効果を期待しないではいられない。砂出しをしたシジミを殻ごと鍋に入れて強火で煮る。水も入れないし、味つけもしない。沸騰したところで火を弱めてさらに煮る。白く濁ったところで火をとめて、煮汁をさらしで濾(こ)す。それを再度煮つめて、やっとできあがる。2キロのシジミからたったコップ一杯の煮汁しか作れない。「これを飲んでいれば二日酔い知らずだ」とは土地の酒好き漁師の弁。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070109
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼十三湖畔に受け継がれる健康食「シジミの煮汁」

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本