見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ナマコやヒトデと同じく棘皮動物の仲間



ウニの語源は「ウヰ」(海胆)が転じたとされる。胆の字はウニの外形が人間の肝臓に似ていることによる。漢字で海胆、雲丹、海栗と書く。海胆は生きているウニ、雲丹は塩辛にしたウニと使い分けられる。雲丹の丹は赤い色を意味し、海底にいる様子が赤い雲に見えたからにちがいない。海栗の栗は外形がクリのイガに似ているからだ。英名は「Sea urchin(海のハリネズミ)」。
ウニはナマコやヒトデと同じ棘皮(きょくひ)動物の仲間。一見トゲだらけのようだが、トゲのあいだには吸盤の付いた細長い管足が密生している。ウニはこの管足を使って海底をはいまわりエサをあさる。イガの腹面にある石灰質でできた口には丈夫な歯が5枚あり、肛門は背にある。ちなみにウニの歯を英語で「Aristotles lantern(アリストテレスの提灯)」というそうだが、その理由を残念ながら知らない。なお、われわれが喜んで食べている部分はウニの生殖巣である。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070095
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ナマコやヒトデと同じく棘皮動物の仲間

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本