見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・21日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から14日
    ┗「小雪」まで1日
    大安
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 雪【東京雑学研究会編】


§ヨーロッパに降る雪は赤い!?



雪は白いもの。これは幼児でも知っている常識である。ところが、ヨーロッパでは赤い雪が降るというのだ。
世界が広いと感じるのはこんなときである。日本中で誰が雪が赤いなどと言う人がいるだろうか。でも、フランスのパリでは、「確かに赤いよ」と返事が返ってくることになる。
パリだけでなく、イタリア、ドイツ、スウェーデンといったヨーロッパの諸国では、春先にほんのり赤い雪が降る。
これを顕微鏡でよく見てみると、雪の核になっているのは直径五〇ミクロンという赤みを帯びた砂粒なのである。この砂粒、実はアフリカのサハラ砂漠のものである。それが、春先に吹く南風によって、地中海を越えてヨーロッパまで飛んできたものなのである。
この時期、サハラ砂漠からヨーロッパに運ばれる砂の量は一〇〇万トンにもなるとか。それが雪に混じると赤い雪に、雨に混じると赤い雨になってしまうのである。
きちんと理由がわかれば納得するが、最初にこの雪を見たときには、さぞかしヨーロッパの人々は驚いたことだろう。
ちなみに、世界を見渡せば、黄色い雨やブルーの雨が降ることもある。黄色い雨の正体はマツの花粉だし、ブルーの雨の正体はアメリカポプラやニレの木の花粉だ。花粉が空中に散らばっているところに雨が落ちてくると、雨がその花粉の色になるのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670943
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:油田  指の関節  幽霊  郵便局のマーク  

   


  1. 雑学大全>自然>天候    >    
  1. ◆「雪」の関連ワード

  2. 油田

  3. 指の関節

  4. 幽霊

  5. 郵便局のマーク


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全