見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・17日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から9日
    ┗「霜降」まで6日
    大安
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:8
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 指の関節【東京雑学研究会編】


§指を引っ張ると関節が鳴るのはなぜか?



指の関節をポキポキ鳴らすのがクセになっている人がいる。関節を引っ張る人もあれば、指を折って関節の辺りを押して鳴らす人もある。さまざまな鳴らし方があるようだが、小さな関節から、なぜあのようなはっきりと響く音が出るのだろう。この疑問は、まだはっきりと解明されていないそうだが、二つの説がある。
関節では骨と骨がわずかな隙間をへだてて向かい合った状態にある。その向かい合った面を関節面という。その関節面を包むように関節包が覆っている。関節包は二枚の膜、すなわち滑膜と線維膜でできているが、この滑膜から分泌される滑液が関節包の内部の関節腔を満たして、潤滑液の役割をしている。骨の連結部分である関節が、ギシギシせずに滑らかに動くのは、こういうつくりになっているからだ。
指を引っ張ると、骨の関節面が互いに引き離され、関節腔が広がっていく。このとき、関節腔の内部を満たしている滑液が、シャボン玉のような形で、関節腔の内部に広がる。関節面にくっついたままひっぱられた滑液の袋がついに破れるとき、あのポキッという音が鳴るというわけである。
つまり引っ張られて拡張した関節腔内部は陰圧(外部より気圧が低い状態)になり、この状態で滑液の袋が破れると、腔内に響き、同時に関節包などの組織を振動させるというのが、一つの説。
もう一つは、関節を取り巻き、保護している靱帯や腱、筋肉が互いにぶつかる音というもの。それらの組織は、伸縮性を持ったものであるが、関節を保護するために頑丈にできているので、ぶつかると音が発生するという説だ。
有力なのは、前の方の説である。関節がなぜ鳴るかという疑問の解明には、解剖学的な研究が必要であるが、死体の指は鳴らせないので、解明は進んでいないというのが実情である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670945
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:楊貴妃  酔っぱらい  油田    

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人体    >    指の関節
  1. ◆「指の関節」の関連ワード

  2. 楊貴妃

  3. 酔っぱらい

  4. 油田



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全