見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 フランシスコ・ザビエル【東京雑学研究会編】


§日本酒をはじめて飲んだ外国人はザビエルだった?



キリスト教布教のために故郷スペインを出て、東洋を歴訪し、マラッカ滞在中に日本人と出会ったことをきっかけに、一五四九(天文一八)年に日本を訪れたフランシスコ・ザビエル。日本におけるキリスト教伝道の祖ともいえる人物で、京都をはじめ、鹿児島、平戸、山口、豊後(大分)に足跡を残している。
日本滞在中に彼が、故国や所属していたイエズス会に書き送った手紙から、当時の日本の様子を知ることができる。
その中に「食物は、麦もあり、野菜もあり、そのほかあまり力のない食物があるけれども、主食は米で、その米から酒を造る。その酒は少なくて貴重だ」といった内容の一通がある。
当時は戦乱の世。主食にする米の田んぼを荒らされないよう守るのに、農民たちが必死だったことを思えば、酒の貴重さもわかるというものだ。
それでも、遠来の外国からの客であれば、行く先々で酒の一杯もふるまわれたことだろう。彼の伝道により一〇〇〇人は改宗したといわれ、豊後の大友氏のようなキリシタン大名も生まれている。宴席に招かれたことだってあったはずだ。ザビエルは、日本にはじめてワインをもたらしたと伝えられるほどの人物。おそらくは日本酒を口にしてみたことだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670840
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    フランシスコ・ザビエル
  1. ◆「フランシスコ・ザビエル」の関連ワード

  2. フランス革命

  3. ブランデー①

  4. フランケンシュタイン

  5. プラットホーム


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全