見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 フランケンシュタイン【東京雑学研究会編】


§フランケンシュタインは実は怪物ではなかった!?



フランケンシュタインといえば、つぎはぎだらけの顔がトレードマークの怪物であるが、実はフランケンシュタインはもともとは怪物の名前ではなかったのである。
フランケンシュタインの物語は、一八一八年、メアリー・シェリーという女性が書いた小説である。彼女は夫から進化論の話を聞いた後、世にも恐ろしい人造人間の登場する悪夢を見たのである。彼女は二年後にそれを小説にして出版した。それが『フランケンシュタインの怪物』である。その原書によれば、フランケンシュタインは、実はその怪物を生み出した医学者の名前なのである。
それが、一九三一年に映画化されたときに、フランケンシュタインは怪物の名前にすりかわってしまった。スクリーンに現れた手術痕の縫い目のある顔は印象的で、その後、怪物そのものがフランケンシュタインと呼ばれるようになったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670839
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    フランケンシュタイン

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全