見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サルトル【東京雑学研究会編】


§思想家サルトルと作家ボーヴォワールの奇妙な恋愛関係



ジャン・ポールサルトルフランス文学者で、小説『嘔吐』によって有名になり、『存在と無』で実存主義の旋風を巻き起こした。
シモーヌ・ド・ボーヴォワールもまた文学者実存主義者であった。『招かれた女』『第二の性』などが代表作。
二人は愛人同士として、また思想上の同志として生涯、活動をともにした。特に一九四五年、二人はメルロ=ポンティらとともに『レ・タン・モデルヌ』誌を創刊し、「実存主義サルトル」として常にマスコミに登場するようになった。
さて、二人が出会ったのはサルトル二四歳、ボーヴォワール二一歳のとき。二人は、どちらも性的関係を縛り合うことなく、オープンでいようと約束した。つまり、フリーセックスを認めあい、その様子をこと細かに報告し合おうという約束だ。
そういった考え方が進歩的だと思われた時代、それも後に実存主義の提唱者として世界を席巻したサルトルの言葉にボーヴォワールはすっかり納得させられてしまった。
けれどもサルトルは女性関係が派手な、いわゆる女たらし。特に学校の教え子たちとの関係は数多く、「教え子の下着を研究している変わった哲学教師」とまで陰口をたたかれていた。
もちろんボーヴォワール教え子たちともずいぶん関係を持っていた上、彼女たちとのセックスの様子を、当初の「約束」通り、こと細かにボーヴォワールに報告していた。当然のように、ボーヴォワールサルトルと関係を持った教え子たちを嫌うこともあったが、仲間外れにされたくもないので、無理をして親しくしていたようだ。
しかしサルトルは「全てをオープンでいよう」という約束を破り、隠れてほかの女性に結婚を申し込んだりしていた。さらに、そういった女性の一人を養女にしていたため、サルトルの死後、ボーヴォワールは遺産を全くもらうことができなかったのだ。
後に女性解放運動の旗手となったボーヴォワールも恋愛生活は決して幸福なものではなかったようだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670396
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:三角布  三角定規  サラエボ事件  サボテン  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人物    >    サルトル
  1. ◆「サルトル」の関連ワード

  2. 三角布

  3. 三角定規

  4. サラエボ事件

  5. サボテン


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全