見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サラエボ事件【東京雑学研究会編】


§おしゃれが戦争を引き起こした!?



第一次世界大戦のきっかけとなったといわれるのが「サラエボ事件」だ。オーストリア皇太子フランツ・フェルディナンドが、オーストリア、ハプスブルク帝国軍の演習視察のために訪れていた、ボスニア・ヘルツェゴビナの都市サラエボで、民族統一を願うボスニア出身のセルビア人青年に射殺されたのだ。
この一帯が、ずっと民族問題を抱え続けてきたことを教えてくれる事件ではあったが、もしフラン皇太子が度の過ぎたしゃれ男でなければ、命を落とすこともなく、戦争にまで結びつかなかったかもしれないのだ。
皇太子は、とにかく衣装に凝る人物で、公式行事であれプライベートであれ、王室御用達の仕立て屋に、凝ったデザインの礼服を作らせていた。
一九一四年六月二八日のその日も、妻を伴った公式訪問だからこそ、凝りに凝ったプルオーバー式の礼服を着用していた。これがアダになったのである。
狙撃されたとき、皇太子は即死ではなかった。大事な国の王位後継者であれば、すぐに手当てが行われたのは当然である。それなのに、体にぴったりフィットしたプルオーバー式の礼服は、脱がせるのにとても手間がかかった。そのぶん医者の手当てが遅れ、命を落とすことになったのだった。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670395
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:サルトル  三角布  サボテン  座布団  

   


  1. 雑学大全>社会>事件    >    サラエボ事件
  1. ◆「サラエボ事件」の関連ワード

  2. サルトル

  3. 三角布

  4. サボテン

  5. 座布団


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全