見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 三角定規【東京雑学研究会編】


§三角定規にはなぜ穴が開いているのか?



小学生の頃から使いなれた三角定規。透明のプラスチック製で、二種類がセットになり、ケースに入っている。しかも、その中央には、必ず穴が開いている。普段何気なく見ているこの丸い穴は、何のために開けてあるのだろう? 事務用品メーカーのコクヨの広報部は、次のように説明している。
三角定規はたいていプラスチック製の薄い定規であるため、紙や机にピッタリとくっついてしまうことがある。そうなると、辺が斜めになっているため、はがしにくいのである。それで中央に穴を開けて、指を引っ掛けやすくしたというのが、理由の一つである。
次の理由は、この穴が空気を抜く役目をしているということ。穴があれば、中央にたまった空気を完全に抜くことができる。それで、紙と定規を密着させることができるのだという。
第三の理由は、摩擦を防ぐためである。三角定規は紙の上を滑らせる。摩擦が大きいと、滑りにくい。穴があれば、そのぶん摩擦が減るのである。
第四の理由は、定規の変形を防ぐため。温度の変化により、プラスチックの定規は伸びたり縮んだりする。定規の大きさが変化して、目盛りが狂わないよう、穴で伸縮を調整しているという。穴があることで、形態の安定が保たれるのだ。
それでは、なぜ穴が丸いのか? それは穴の強度の問題である。四角い穴は、角に多くの負担がかかり、ひび割れが生じやすいという。
小さな文房具である三角定規が、こんなに綿密に作られていたとは驚きである。実に合理的で、多くの知恵が詰まっている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670398
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:残業  サングラス  三角布  サルトル  

   


  1. 雑学大全>生活>モノ    >    三角定規
  1. ◆「三角定規」の関連ワード

  2. 残業

  3. サングラス

  4. 三角布

  5. サルトル


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全