見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 液晶【東京雑学研究会編】


§「液晶」とは液体なのか? 固体なのか?



ノートパソコン携帯電話テレビなど、液晶が使われている製品は増えている。従来のブラウン管に比べて薄く軽量にできるから、ダウンサイジングがもてはやされる現代にはぴったりだ。
ところで、液晶というからには液体が入っていて、液晶テレビを壊してみたら、中から水のようなものが出てくるのだろうか。
液晶とは、「液状結晶」のこと。液体と固体の中間の状態にあり、固体、液体、気体のいずれでもない「第四の状態」といわれる。液体の流動性と固体の規則性の両方を兼ね備えている。
ガラスにはさまれた液晶はミリグラムという単位の微量なものだし、画面が割れても流れ出てはこない。
また液晶は非常に高価で、金よりも高い。
液晶の見た目は透明だが、電圧をかけることで光を通さなくなり、そのことで画像を表示する。
光を通したり通さなかったりするのは、電圧をかけると分子の配列が変わるからだ。
液晶ディスプレイの内部は、液晶の両側を偏光板がはさみ、さらにその外側を透明な電極がはさむという構造をしている。そしてディスプレイの後ろからは、バックライトが光を放っている。
電圧がかからなければ、バックライトの光は一枚目の偏光板から液晶を通り二枚目の偏光板を抜けてディスプレイの前にいる人の目に届く。光そのままの白い色だ。
しかし、電極に電圧がかかると、その部分の液晶は分子の配列を変え、光を遮るはたらきをする。するとその部分は、黒く見えるわけだ。
いまはカラーのディスプレイがほとんどだが、色をつけるにはRGB(赤、緑、青)のカラーフィルターを使っている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670098
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>モノ    >    液晶

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全