見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・9月(長月/September)
    ・22日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「白露」から14日
    ┗「秋分」まで1日
    先勝
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 松翁【まつおう】


濃い口と淡口のつゆを選べる





サラリーマンに嫌気がさしていたころ、料理好きな父が打ったうどんのおいしかったことを思い出しまして」と、店主の小野寺松夫さん。それをきっかけに神楽坂の「志な乃」(162頁)で修業し、昭和56年に独立。平成9年現在地へ移転した。

茨城県の常陸秋そばを自家製粉して手打ちするそばは、玄そばを使う田舎そば、丸抜きを使う並そば、一番粉で打つ変わりそばの3種類。変わりそばは更科は生粉打ちだったり、季節の品を打ち込んだ色ものだったり、毎日変わる。つゆは本枯れ本節、シイタケ、真昆布でダシをとった濃い口と淡口があり、注文の際、どちらかを選ぶことができる。つゆの違いは醤油で、塩分は淡口の方が多い。醤油は丸大豆、国産小麦、天日塩で仕込み3年寝かせたコクのある小豆島産を使っている。

魚介などの素材にもこだわり、店の外と中には生簀がある。天ぷらは注文を受けてからさばいて揚げ、ほかの魚介料理も生簀に泳ぐ旬の魚介を取り出して手早く調理する。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京-五つ星の蕎麦

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071215
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京-五つ星の蕎麦について
並木藪蕎麦、巴町砂場、神田まつやなど伝統の技が味わえる名代の老舗から、やざ和、ほそ川、三合庵など進化し洗練された蕎麦でたちまち有名となった新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。蕎麦の基礎知識や全国の名店217軒の情報も付いた、まさに蕎麦好きのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 東京 五つ星の蕎麦


  • 【辞書・辞典名】東京 五つ星の蕎麦[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】217
  • 【発売日】2006-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80147-3










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の蕎麦

東京五つ星の蕎麦

  • 定価:360
  • 老舗から新鋭店まで、都内と近県の11...>>続く
App store


関連辞典
東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦 東京-五つ星の蕎麦