見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・13日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から5日
    ┗「霜降」まで11日
    大安
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:14
    月名(旧歴日):小望月(こもちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼クエ鍋のとろけるような旨味



民宿「共栄」のクエ鍋とクエの湯引きが容易ならぬおいしさだった。クエ鍋にはクエの皮付き白身に加えて、ハクサイ、シュンギク、シイタケ、ニンジン、エノキ、マイタケの野菜類。皮はコリコリとした歯ごたえが心地よく、そのあとから特有な香りととろけるような旨味が口中を襲う。ほかのどんな魚にもないおいしさだ。脂分の多い身が、ポン酢と紅葉おろし、青ネギのタレにこれ以上ないほどよく合う。雑炊がまた絶品。クエの旨味がご飯にからまり、フグ雑炊に勝っても劣らない。
クエの湯引きは案外と身が締まり、脂分が多いのに口当たりがよい。よほど上質な脂なのだろう。「日ノ岬周辺で釣ったクエが一番うまい。同じ紀伊半島でもほかで獲れたクエはうまかないなあ」と脇山さんが自慢するだけのことはある。阿尾ではほかに、胃袋の辛子酢味噌和え、肝の湯通しフライ、あら煮などでクエを食べるそうだ。ただし、以前は市場価値がないために漁師だけが食べていたというクエも、今や目の玉飛び出るほど高価になった。1キロ1万円もするときがあり、「産地でも食べる機会が少ない」と漁師は嘆くのである。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070508
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼クエ鍋のとろけるような旨味

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本