見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 排泄【東京雑学研究会編】


§食べた物が便として排泄されるまでにかかる時間は?



毎朝快便だと自慢げな人、便秘気味で辛さを訴える人などさまざまだが、私たちが毎日摂取する食べ物は、どれくらいの時間をかけて、肛門までたどり着くのだろうか。自分の身体の消化器のはたらきについて、十分な知識を持っていた方がよさそうだ。
食べた物は、だいたい二~三時間ぐらい胃の中にとどまり、消化液や蠕動運動によってくだかれ、こねまわされて、しだいに十二指腸から小腸の方へ押し出されていく。
小腸に到達した消化物は、さらに消化されて、栄養分を吸収されながら進んでいく。小腸という六~七メートルもある長い管腔を通過するのにかかる時間は約六時間。
大腸には、小腸でほとんどの栄養分が吸収された残りが届く。大腸は、上行結腸、下行結腸、横行結腸、S状結腸の部分からなり、やがて、直腸、肛門にいたる。この約一・五メートルの結腸の部分を残りが通り抜けるのにかかる時間は、五~六時間。
こうして口から入った食べ物は、合計十数時間かけてS状結腸にたどり着く。この後、残りは大腸の動きにより、直腸に送り出される。
直腸に入った残りの刺激が、感覚神経を通じて脊髄の排便中枢に伝わり、やがて、肛門の筋肉が反射的に緩む。排便である。
しかし、すぐにトイレにいけないときなど、排便を我慢してしまう。そう、排便は大脳皮質にある中枢によって、コントロールできるのである。
ちなみに、消化管内を通過する時間は、あくまでも平均の時間である。食べ物の種類により長い時間を要することもある。例えば、牛乳が胃の中にとどまっているのは一時間、脂肪分の多い食事は五時間以上とどまっている。また、体調によってもその時間は異なるという。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670158
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>人体    >    排泄

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全